ハウス水晶文旦

時季:秋冬・9月~12月
1玉の重さ:約300~700gまで
大きさで10通り(500円~2,300円)
かご盛:3,000円〜
箱詰:何個詰めもできます
<例>1,000円×5個詰
1,800円×8個詰など

秋の訪れとともにお届けできるハウス栽培の水晶文旦です。
みずみずしい緑の表皮の物も、果肉は充分熟しています。その名にふさわしく透き通った果肉の食感、文旦独特の酸味のある甘さをぜひご賞味ください。
特価品についてはお問い合わせください。

豆ちしき

寒い時期はあたたかい場所に2~3時間ほど置いてから食べると、酸味が和らぎます。

戦前高知市五台山字吹井で、突然変異によって「内紫の一枝に実ったものを、戸梶清氏が発見し育成。昭和50年頃、山北の篤農数人が苗木を購入し、ハウス栽培での生産に成功しました。

文旦類の召し上がり方

1

まず上の部分と下の部分を切り落とします。

2

皮部に十文字に包丁をいれ、外皮をむいて中身を取り出します。

3

更に中身を手で四ツ割にして離します。このときに下部より割ると割り易いものです。

4

点線の様に芯に包丁を入れて芯部を取り除き手でむくと、夏みかんのような果肉をきれいに取り出すことができます。文旦類はすべての皮部に苦味が含まれて居ますので完全に取り除いて果肉のみをお召し上がり下さい。

このページの先頭へ